BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 不変の課題

不変の課題

真の花を咲かそう。

道徳も、宗教も、つまり結局は人格の完成に繋がることを伝えていますね。

さまざまな国や文化によって道徳や宗教は異なりますが、根底に流れているものには

共通点が感じられます。

真摯に堅実に生きること。

真心に沿って生きること。

いつの時代においても人にとっては、生涯に渡る不変の課題です。

栄耀栄華を捨てて、魂の本質に沿う精神の自立性を体得することが一番の目的であり、幸福な

のではないでしょうか。

生涯賭けて真心に生きることの基本精神を体現していきたいな

そうしようと努力することが生きることなのかもしれません。

ただ充実した体験が一瞬一瞬にある。

そのように生きていけたらどんなに良いか。

毎日をその日がまるで最後の日のように大切に生きること、

日々の忙しさを考えたら、なかなかできそうで出来ないことなのですが。

今日、庭の雑草を抜きました。

雨が続いていたので、土が柔らかくて抜きやすかったです。

本当は、しなくてはならない仕事があって、気になってはいたのですが、

今日は涼しいし、雨もなんとか降らないし。

今日しかないなと、急遽やることにしました。

草むしり、というとついつい後回しにしてしまう雑事ですが、

これをやるときにも、その時その時を味わって過ごすというポリシーのもと

真摯に向き合いました。

すると見えてくることがあったのです。

ついつい生活の中で、お金を稼ぐという「仕事」が一番重要なことだと

思ってしまいますが、

毎日を送る居住空間を整えるということも、人生の大きな仕事のひとつですよね。

「仕事」も「住空間を整える」も本来は並列にするものなのかな、と思いました。

整った居心地良い空間でエネルギーを充填してこそ、お仕事も頑張れるってものじゃないか。

そう、これからはそれを2の次にしないで、もっと意識していこうと思います。

外側ばかりに目を向けるのではなく、内側を見つめ直してみる。

新しい視点での生活が始められそう。

気分転換にも良いし、みなさんにもおすすめします。ぜひ一緒にはじめましょう。

居心地の良い空間づくりについてもっと知りたいですか?

ご興味ある方は、ぜひこちらから情報を得てみてください。