BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 官能の香り

官能の香り

五感のうちで、私たちにもっとも官能性やセクシュアリティに火をつけるのは何だと思いますか?

視覚からの情報でしょうか?

いいえ、それは嗅覚なんです。

匂いが、愛するパートナーの選択に最も関与していることが50年代から知られており、
相手の匂いが好きではないときに、それ以上の関係に進むことはできません。

今日は大好きなあの人を惹きつける官能的な香りについて、お話しします。

官能的な香りの代表格とも言える精油は・・・

ベチバー・パチュリ・サンダルウッド・ダマスクローズ・イランイラン・ジャスミン
です。

ベチバーはイネ科の植物で、オリエンタル系の甘く濃厚な、スモーキーな香りです。
心と体の熱を冷まし、滋養を与え、高揚させる作用があります。

パチュリはシソ科の植物で、甘くスパイシーな香り、オリエンタル系です。
気持ちを安定させ、官能的な喜びや、クリエイティブな表現を促す作用があります。

サンダルウッドの香りの特徴は、ウッディーで少しスパイシーな深みのある香りです。
日本で白檀として親しまれています。精神とスピリットに働きかける香りと言われていて、昂る心を鎮静させ、調和に導く効果があります。

ダマスクローズは、その名が表す通りバラ科の植物です。その香りは深く濃厚ないわゆる「バラ」の甘い香りです。心を癒し、穏やかな幸福感をもたらす効果があります。

イランイランは、バンレイシ科の植物で、エキゾチックで高級感あふれる甘く濃厚な香りです。
名前の由来は「花の中の花」で、エキゾチックなリラックス感と、官能的な雰囲気と喜びをもたらします。

ジャスミンはモクセイ科の植物です。濃厚な甘いフローラル調の香りが特徴で、心を深い瞑想状態に導き、官能的な感情を呼び覚ますと言われています。

共通キーワードは、甘い濃厚な香りとか、エキゾティックとか、オリエンタルですね。

これらの精油をキャリアオイルに混ぜて、肌に馴染ませることでオリジナルの香りを楽しむことができます。

例えば、キャリアオイル50mlにジャスミン精油3滴を加えたサンダルウッド精油3滴。甘すぎる場合は、ベルガモットの精油を3滴加える。

キャリアオイル50mlにベチバー精油1滴、ダマスクローズ精油3滴。

キャリアオイル50ml、サンダルウッド2滴、イランイランを4滴。

などなど。

あなたとパートナーのお気に入りの香りを作るのも素敵です。

精油は植物から抽出されたナチュラルなものですが、たとえばイネ科アレルギーのある人は
べちパーを避けた方が良い、とか妊娠中には使ってはいけない精油など、それぞれの忌避事項がありますので、それらをよく調べた上で楽しんでくださいね。

アロマテラピーライフについて、より詳しく知りたい方は、ぜひこちらから情報を得てみてください。