BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 寝つきを良くする方法 (1)

寝つきを良くする方法 (1)

夏の快眠のための5つの楽しみ方
睡眠を改善する方法
夏によく眠るための5つの素敵なコツ

夏によく眠る方法
夏が来て、蒸し暑くなってきましたか?

夏場に寝るときの理想的な温度は22~24℃なんですって。

クーラーなしでこの条件を達成するのは容易ではありません。

暑い季節は好きですが、

住んでいる地域によっては 日中40 度近くなる温度のため、睡眠が困難になり、悩ましい季節でもありますね。

ということで、映画『妻が休暇のとき』でマリリン・モンローがやっていたように、

必ずしもオープンな冷蔵庫の中に扇風機を入れなくても、夏場にぐっすり眠れて睡眠の質を高めるにはどうしたらいいのか。

夏に爽やかに眠るための簡単な5つのコツを5回にわけてご紹介しますね。

第1回目の今日は、自然の力を利用しよう!です。

夏にぐっすり眠るためには、お酒を飲んだり、日中に光を入れすぎないようにするのが良いとい

うことは、すでにご存知のことと思いますが、本当にその通りなんですよ。

冷たいビールとか、キリッと冷えた白ワインとか飲みたいですけれどね・・・。

まあ、ほどほどに、ということなのでしょう。

そして、寝室にはもちろん扇風機やクーラーがあり、リネンやコットンなどの軽い生地の掛け物をお使いのことと思います。

しかし、あなたがまだ考えていないかもしれないいくつかの方法がありますよ。来たぞ!

爽やかな植物で家を満たす…
あなたの家には森のようなマイナスイオン効果が欲しいと思いませんか?

夏の間に木々の中に入ると、心地よい爽快感があります。

これは、植物が生み出す日陰だけでなく、彼らが光合成によって光を吸収し、土が温まるのを

防いでいるからなのです。

家の床も同じなので、夏にぐっすり眠れるように、ペットを飼っている場合にはその子たちには

安全かどうかを確認しながら、様々な種類の観葉植物を使って家の環境を整えましょう。

インテリアに最適なのは、定番のフィカス・ベンジャミン、ディフェンバキア、ポトス、シェフ

レラ、アレカヤシなどの広葉樹のものです。

爽やかな植物は、エアコンよりも健康的なだけでなく、家の中の酸素を多く供給し、湿度を下

げてくれるし、インテリアとしてもエレガントに空間演出してくれます。

あなたの家にそれらがない場合は、ぜひ手に入れて、お気に入りの植物を見つけてください。

空間に植物を取り入れることについて、もっと情報が欲しいですか?

ぜひこちらから情報を得てみてください。