BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 庭の雑草むしりでマインドフルネス実践(後編)

庭の雑草むしりでマインドフルネス実践(後編)

私たちの生活を快適にするために、特別な手間をかける必要がないことを知ってください。
シンプルな知恵である「日常生活の些細なことからもマインドフル」を実践しましょう。

庭の雑草むしりでマインドフルになれるって知っていますか?
些細なことからもマインドフルに生きるための簡単な方法があります。

さて、あなたは除草剤を使わずに一本一本雑草を抜いています。

雑草にはどんな種類があるか、小さなつぼみがついているかも知れません。虫もいるでしょう。虫というだけで、ネガティブなイメージを持ってしまうかも知れません。私も都会から移ってきた時はダメでした。(今でもムカデやオオグモ、ゲジゲジは馴染めていませんが。)
けれども、一匹一匹にお父さんやお母さんがいて、今を一生懸命生きていることを考えながら観察すると、私たちと同じ生命の輝きを感じることが出来ます。

雑草にも同じことが言えます。「雑草」という響きが、これまでの人生の刷り込みで、邪魔なものあるいはありがたくないもの、というイメージがついているかも知れません。けれど、包括的に考えてください。美しいバラも名前もわからないような雑草も皆植物なのです。一つ一つを意識して観察してみると生命の輝きを感じることが出来ます。

そして、引き抜くときの土の香り。生命を生み出し、育む大地の香りは理屈抜きに私たちの心に栄養を与えてくれます。

作業の合間に空を見上げると、美しい青い空に白い雲が浮いている、風にもリズムや強弱、風向きや湿度の違いがあります。鳥が2羽、仲良く飛んでる様子を見ることができるかも知れません。そのように、一つ一つを考えながら雑草むしりをしていると、いつの間にか清々しい気持ちになってきます。

一方で、雑草むしりに矛盾を感じてしまうこともあるでしょう。私がそうでした。雑草に愛着を感じると、抜くのが可哀想な気持ちになってしまったのです。ふと、なぜ雑草は抜かなくちゃならないんだろう、と聞いてみたら、家が傷むから、という返事が返ってきました。そういうことね。

世の中は矛盾だらけです。マインドフルをストイックに追求しすぎると、それはそれでストレスを生んでしまいます。私もあなたと同じく、マインドフルを学んでいる生徒です。明確な答えは出ていません。

ただ、感謝を持って1日1日を大切に過ごして人生を幸せに生きたいと思い、できる範囲で、できる限り実践しています。

日常生活の些細なことからもマインドフルの方法-今日から家の中で始めよう
私たちは忙しく社会に生きています。少し歩みを緩めて豊かに生きてみませんか?
手間をかけず効率よくマインドフルネスを実践する方法を取り入れてみてください。