BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 怒りの感情を浄化する(スピンオフのヒント)まとめ

怒りの感情を浄化する(スピンオフのヒント)まとめ

反転の思考

怒りの感情は私たちを消費します。しかし、怒りの感情を克服することは、
最も困難なの課題の一つです。

マインドフルネスで怒りの感情を手放すための最高の方法をお伝えします。

反転の思考は、怒りの感情を手放すための救済策になりえますか?
はい。とても役立ちます。

4回にわたってお伝えしてきた「怒りの感情を浄化する(スピンオフのヒント)」

まとめの今日は、反転の思考の役立て方についてお伝えします。

さて、第一回目にお伝えした通り、私の体験した具体例の教材の良し悪しは置いておいて
反転の考え方はいかがでしたか?

これは、自分の内側を見つめるマインドフルネスの考え方を反転して
外側の視点に立って自分を見つめることを実践した非常に簡単な事例でした。

あなたがこの先怒りの感情に襲われた時は、次の手順で怒りの感情を上手に浄化することが出来ます。これらは怒りの感情を浄化させるマインドフルな実践です。

1.呼吸に集中しましょう。怒りの状態の時はあなたであってあなたではありません。
まず、落ち着きましょう。

2.怒りの原因をただありのままに観察しましょう。

3.原因が明らかになったら、怒っている自分を受け入れてあげましょう。
「このことが嫌だったんだよね。それで今怒っているんだね。」

4.怒りに燃える私を抱きしめてあげましょう。思い通りにならなくて泣き叫ぶ子供を
抱き締めるイメージです。「嫌だったよね。」

5.自分の内側に入っていきましょう。ここでは相手を登場させないことが秘訣です。そしてどうしてそんなに嫌だったのかなと問いかけます。

6.だんだん自分の中に答えが見えてきます。

7.その怒りを手放しましょう。空に向かって飛ばすのも良し、地球の奥深くに沈んでいくのを見つめるのも良し、海に流すのも良いでしょう。とにかく自分から離れていくイメージを持ってください。そしてその自分から離れた怒りが、きれいな光に包まれて美しいものに生まれ変わるイメージを思い浮かべます。さあ、あなたは相手に怒りをぶつけることなく自分の力で怒りを浄化させることに成功しました。

この、7の部分に今回お伝えした「反転の思考」を入れても良いです。どちらか気持ちが安らぐ方を選択してください。

 

今回の体験を通して、私の子供の中にもその時確かに小さな種が生まれました。彼の力でそれを上手に育てていってくれるといいなと思います。

オンラインでの残酷なゲームに対して、私個人としては受け入れがたいものがありますが、
プロになると言って、ゲームの時間を確保するために、勉強もお手伝いも一生懸命頑張る姿を見ているので、一概に強制的にやめさせるのも彼の自由を制限することになると思っています。私に出来ることは、オンラインとリアルを別物の世界としてきっちり分けて認識し、ゲームの腕も人間としての品格もしっかり併せ持っている人間になるように。道を外れそうな時には全力であるべき道に軌道修正することです。こういった考え方も、善悪を判断しない、評価しない、裁かない、というマインドフルな実践から生まれてきました。

この素晴らしい実践が、あなたのお役にたちますように。

実践を重ねたあなたの頭に良いアイデアが降ってきたら、ぜひ私にもシェアしてくださいね!