BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 真理の心になるために

真理の心になるために

私たちが私たちの完成を達成できる時が始まった。

人間は持ちたい心で生まれるので、所有を通じて満足と幸福を求めます。しかし、そのような手段に終わりはありません。最終的に、私たちは満足することも幸せになることもできません。

すべての「欲しがる心」は劣等感から生じます。

私たちが期待することを達成または取得することができないとき、これは後悔と苦味の感情に変わります。私たちが「欲しがる心」を捨てたとき、後悔と苦味といった感情は完全に消え去ります。

今まで、人間はすべてを自分のものにしたいという心のゆえに、私たちが持つことができるもの、そのすべてを手に入れようとして生きてきました。現在、多くの人々が生きている「執着にまみれた」生き方です。

世界は不安定な状態にあります。人々はお互いに対する信頼を失い、劣等感をなだめるのに苦労して生きています。より多くを所有する方法を学ぶのではなく、所有しない方法を学ぶことは、「完全なる私」を達成することになり、より良い生活を送る方法です。心の中でお金を手放さなければならない、とただ考えるのではなく、それを実際の行動に移すことができるようにからです。

「欲しがる心」に満ちた心は常に苦悩しています。そして、苦悩を抱いて生きた人生には行動がありません。
それはより多くの苦しみにつながる考えだけを抱えた人生です。

これまでが他者のものを奪っても増やす時代だったのなら、今が心の中にあるものを手放す時代です。執着から心を解放する時代です。この時期にこのことに心を奪われた人は、本来の性質を取り戻すでしょう。その結果、「彼我」「他我」「非我」の思考を手に入れることになり、誰もが他者と世界のために生きるので、人類全体が一つになり、世界は完全になります。

人間の完成とは、自分の心の執着すべてを手放すことによって真理の心になるということです。真理の心に戻るといったほうがいいかもしれません。そうすれば、私たちは叡智を持ち、苦しみから解放された幸せな人生を生きることになるでしょう。

だから、今日から執着を手放すことに意識を集中させましょう。

マインドフルの実践は執着を手放すことにとても役立ちます。