BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 脳をチェンジしよう(4)

脳をチェンジしよう(4)

あなたはあなたの脳を自分で変更することができます。
5つのステップでそれを行う方法

あなたの脳は常に変化しています。”神経可塑性 “と呼ばれる概念です 。
そのシステムを活用して、思考を良い方にシフトチェンジする方法をお伝えします。

4回目の本日はステップ3「書く」ことについてお知らせします。

ステップ3:書く
3つ目のステップは、あなたの頭の中にあることを書き出す作業を行います。

ステップ1で、あなたの意識に集中しました。
ステップ2では、意識の中を検証しました。

最初の2つのステップが、おそらく最もきついステップになったはずです。
インナーワークは簡単ではありません。しかし、あなたがステップ3に進む準備ができたら、
今心にあることを書き始めてください。手書きをしなくてはいけません。「書く」行為の中に多くの科学があるのです。あなたが書くとき、美しい方法で脳の特定の部分を活性化することができます。

あなたの頭の中にあることを書き留めているとき、あなたはあなたの認知的な能力を活性化させることができるようになります。

これは特に不安を管理するために役立ちます。

あなたの頭の中を紙の上に写しとると、触覚や視覚からも考えを取得することができます。
書くことは、客観的な目で、起きていることを認識することに役立ちます。

頭の中にあるものを頭の中だけで考えるのではなく、書いてアウトプットして、あなたの感覚器官に問題をシェアをし、あなたの問題についてみんなで会議を始めましょう。

アウトプットしなければ、あなたの細胞のレベルまで、思考を押し込んでいることになるのです。さあ、表に出しましょう。

頭の中に向かって、手や目が言います。
「一人で悩まないで。みんなで考えよう。」

もちろん、書いている間はストレス反応を感じるかもしれません。
しかし、あなたは少なくとも思考を押しつぶすのではなく、解放することに成功しています。

上手な文章にしなくて大丈夫です。思いつくままの箇条書きや単語だけでも。

まずは、アウトプットして開放すればいいんだ、と思ってください。