BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 自分の中の固定概念に気づく、そして取り外す方法(その3)

自分の中の固定概念に気づく、そして取り外す方法(その3)

前回で、自分のミスに気がついた私

結論

私の固定概念がなければ今回のような気まずい出来事は未然に防げた可能性が高いです。

この経験を踏まえて、

これからは、
「尊敬できる人の娘さん」
「社会的地位の高い人」にも慎重に質問を重ねよう。

ではなくて、
尊敬できる、できない、社会的地位が高い、定職についていないなどは
関係なく、自分の基準、
要するに、相手の背景に頼って手抜きすることなく、いかなる時も変わらない自分の物差しを作って客観的に慎重に判断するように気をつけようと強く思いました。

「当たり前じゃない。」そう思いますか?

確かに、私も他の人のこういう話を聞いたら、あらあらと思ったと思います。

差別に関して憤っていた自分も十分差別的な思考を持っていたこと、とても恥ずかしいです。
まさか自分が、という気持ちでいっぱいです。
それほど、固定概念には気づけないのです。

しかし、今回の件で気づくことができて幸せです。まだまだたくさん固定概念があるのでしょう。
これからも様々な経験から学ぶように精進していきたいです。

こういう考え方ができるようになったのも、マインドフルを学び始めて内観するということを覚えた成果です。

それ以前の私なら、ただあの娘さんを恨んで終わっていました。

「ショックな何か」が気づきの起爆剤になります。

だから、嫌なことが起こった時は良い機会だと捉えて、ただ落ち込んだり相手を恨んだりしてネガティブループにはまらないように。

何かしらの学びの機会だと思って内観してください。

マインドフルの実践はあなたにも必ず役立ちます。

ぜひあなたもマインドフルの実践を始めてみてください。実体験から、役立つとお勧めできます。

私の恥ずかしい体験が、いつかあなたのお役に立てますように。