BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 頭を無にして休むことを学ぶ

頭を無にして休むことを学ぶ

至福の休息

“強大なジャングルの中でライオンは今夜眠る…”

ジャングルの王様であるライオンでさえ 休息時間を必要とします。興味深いことに、ライオンは一日に10時間から20時間寝ています。動物たちは、時間管理の方法、エネルギーを節約する方法、己の資源を最大限に活用する方法を本能的に知っているというのは、とても驚くべきことではないでしょうか。一方、私たちは、休息の概念を生活に取り入れることを忘れてしまいがちで、現代では、本当の休息をしていない人も多くなっています。私たちは、ソファに座っているときは休んでいると思っているかもしれません。しかし、部屋の隅にはテレビがあり、膝の上にはノートパソコンがあり、手には携帯電話があり、好きなカフェインや他の刺激物が入ったマグカップがあり、そういった状態で本当の意味で休んでいると言えるでしょうか?ライオンと同じく生命体である私たちが、彼らのように適切に眠ることができないことが不思議ではありませんか?私たちの多くは、なかなか寝付けなかったり質の高い継続的な睡眠を得ることが困難な経験をしたことがあるでしょう。良質な睡眠は、欧米では高い関心ごとの一つです。ここでは、良い眠りにつくためのヒントをご紹介しています。


機能性医学の傘の下で働いている私たちは、睡眠を健康に関する基本的な機能的な柱の一つとして認識しています。睡眠は、私たちの体をリラックスさせ、修復し、明日への活力を養う大切な時間です。日中のコルチゾールレベルは、午前と午後では変化します。理想的には、朝コルチゾール値が高く、徐々に下がっていき、夕方には低くなり、睡眠の準備ができるようになることです。しかし、体や精神のバランスを崩し、日中や夕方にコルチゾールを過剰に分泌している体を想像してみてください。これは、電子機器やインターネットへの関わりのせいだけでなく、夕方に仕事をしたり、メールをチェックしたりと、プレッシャーの多い文化から、過度に刺激されていることからも引き起こされることで、多くの人を悩ます問題となっています。だから私たちは、良質な睡眠のためにできる限り自然のリズムで生活するよう心がけなくてはなりません。

もしライオンが今の私たちの多くがそうしているように、十分な休息の時間を取らずに生活していたらどうなるか想像してみてください。集中力に欠け、狩りも満足に行えず、お腹を空かせて怒ったライオンがたくさんうろつくことになるでしょう。私たちは「ハングリーなライオン」には出会いたくないものです。ライオンは一日の大半を休んで過ごしていますが、これは彼らの生存という点では完全に理にかなっています。狩りをするときには多くのエネルギーを消費するので、必要のない日中に動き回っていたら、多くのエネルギーを浪費してしまい、命をかけた狩りの精度が下がります。ライオンが休むのは、休む必要があるとわかっているからです。では、私たちはライオンから何を学ぶことができるのでしょうか?



ライオンは、必要な時には休息をとることで生産性を高めることができると教えてくれています。休息と十分な睡眠の欠如は、仕事、人間関係、気分、ホルモンバランス、血糖値、リビドー、副腎と甲状腺機能、免疫システムなど、私たちの健康のあらゆる面に影響を与えます。ライオンに充分な休息が必要なのと同じように、私たちの生存にも必要なのです。では、この時間に追われる現代社会でどのようにして休息時間を生み出したら良いのでしょうか?


コルチゾールの分泌を適切な形で行う

コルチゾールが大きく急上昇しないように、ゆっくりと光を増やして優しく目覚めさせるウェイクアップライトで一日をスタートさせましょう。目覚ましライトは、睡眠と覚醒のサイクルを整えるのに役立ちます。カフェインは一日の早い時間帯に制限し、午後にはハーブティーやフルーツティーを飲みましょう。ゆっくりと心を込めて食事をし、一食一食を大切にして、一日の中に休息を作りましょう。

ソーシャルメディアの利用時間を制限し、FacebookやInstagramに制限を設けましょう。 これにより、中毒性のあるスクロールやスクリーンタイムからの過剰な刺激を防ぐことができます。また、携帯電話やSNSを見る時間を植物の世話や瞑想、短い散歩などにチェンジすれば、どのくらいリラックスできるか想像してみてください。

コロナの時代ではありますが、様々な約束事を守りながらできるだけ屋外で時間を過ごす。時間の制約や天候の関係でオフィスから出られない場合は、目を閉じて自然の音に耳を傾けてみましょう。忙しい仕事の真っ只中に、現実逃避と休息の時間を提供してくれる自然の音アプリをはじめ、多くのアプリがあります。昼休みや仕事の後に1日2~3回、10分を2~3回行えば、心地良い休息の時間を得ることができます。

私はクライアントの皆さんに、植物のエッセンシャルオイルを使うことをお勧めしています。オフィスであれば、ハンカチに少し染み込ませたものを嗅いでも良いですし、マスクの内側に少したらしておくのもおすすめです。山のようなメールにストレスを感じている場合は、リラクゼーション音楽を聴くことで、自分自身に休息の贈り物を与えることができます。

呼吸法。鼻から深呼吸をして、口からゆっくり吐き出す。数分間呼吸に集中することで、私たちは闘争心や逃避心から解放され、休息と無の状態に入ることができます。私はよく、クライアントにこの方法をお勧めしています。